任意整理や自己破産などの債務整理には、いくつかのデメリットがあります。いわゆるブラックリストへの登録は、デメリットの最たるものです。
ブラックリストとは、信販会社などの金融機関が共有する信用情報のリストの俗称で、このリストに債務整理者としての記録が残ってしまうと一定期間新たな借り入れができなくなってしまいます。
債務整理者として名前がリストに載る期間は、任意整理を行った場合で約5年、個人再生や自己破産を行った場合で7年から10年です。この期間中はクレジットカードやカードローンの新規契約ができなくなりますし、自動車ローンなども組みにくくなります。
債務整理を行うことで背負うデメリットの2つ目にあげられるのが、保証人に与える影響です。債務整理の対象となる借金が連帯保証人付きのものであった場合、債権者から連帯保証人に対して債務を支払うように請求が行われます。これによって連帯保証人に迷惑をかけることになりますし、保証人を引き受けてくれた方の信用を失いかねません。
このほか、税理士や司法書士などの士業に就いている方が債務整理を行うと欠格事由により退職を余儀なくされますし、士業以外の方も警備員の職にも就けなくなるなどの職業制限を受けることになります。
債務整理は、こうした数々のデメリットを十分考慮してから行ったほうが良いでしょう。